人生危機百発!

犯罪・災害・事故・ケガ・病気・・・あらゆる危機を回避しよう!

もしもの時に住宅ローンが全額免除!団体信用生命保険の種類と注意点

Family

 

住宅ローンを組むときの経費の中で大きなウェイトを締めるものに団体信用生命保険料というものがあります。その名の通り生命保険の一種なのですが、いったいどういう保険なのでしょうか?
 
今回は団体信用生命保険について詳しく解説したいと思います。
 
 
 

団体信用生命保険とは?

 
団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んだ契約者本人が死亡したり高度障害状態になって働けなくなってしまった時にローンの残額を一括返済してくれる住宅ローン専用の生命保険です。略して団信とも呼ばれます。
 
通常、住宅ローンの契約者に万が一のことがあった場合でも、残された家族はローンの残債を支払い続けなければなりません。もし支払いを滞らせてしまえば抵当権により銀行に家を持っていかれてしまいます。酷な話ですね
 
そこで残された家族を救う為に団体信用生命保険が作られました。、、、というのは表向きの口実で、真の目的は銀行の貸し倒れリスクを無くすことです。残された家族から無理矢理家を引き剥がしてもすぐ売れるかどうかわかりませんし、そもそもその家に残債相当の価値があるとも限りません。そんなことをするよりも、保険会社が残債を綺麗さっぱり支払ってくれるなら銀行は面倒もなく回収できるので安心です。
 
そういう経緯で作られたものなのでほとんどの住宅ローンで団体信用生命保険への加入が義務付けられています。その場合、団信に加入出来ないと住宅ローンの審査が通らないので注意が必要です。
 
 
 

団体信用生命保険の種類

 
団体信用生命保険はもともと死亡や高度障害を対象にしたものですが、それ以外の場合もカバーする保険が出ています。簡単にご紹介しましょう。
 
 

通常タイプ

 
契約者本人が死亡や所定の高度障害で働けなくなった場合に住宅ローンが免除される保険です
 
死亡はさておき、所定の高度障害とはどういう状態なのでしょうか?保険会社によって定義が異なるので、加入される保険会社の約款を必ず確認して頂きたいのですが、ザックリ説明すると以下のような状態です。

高度障害が適用される状態
  • 両眼とも完全に失明した
  • 言葉を一生話せなくなった
  • 一生寝たきりで常に介護が必要になった
  • 麻痺や切断によって両腕が一生使えなくなった
  • 麻痺や切断によって両足が一生使えなくなった
  • 麻痺や切断によって片腕と片足が一生使えなくなった

 

基本的には一生寝たきり、もしくはそれに近い状態でまず普通の生活には戻れないほどの重い障害を指しています。これほど重い障害を受けるような怪我や病気の場合、むしろ生きたままその状態になることの方が稀です。その為、団信で高度障害が適用されるケースはかなり少ないそうです。
 
 

三大疾病特約付団体信用生命保険

 
死亡と高度障害だけでなく、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病で所定の状態になった場合にも住宅ローンが免除される保険です
 
例えば、ガンの闘病生活で長期の入院を余儀なくされたり、脳梗塞で身体に麻痺が残ったりして、生きているけど働けないという状態になることもあります。通常タイプの団信ではそういう場合は補償されないのでローンを払い続けなければなりませんが、三大疾病特約付団体信用生命保険なら住宅ローンが免除されるのです。
 
ただしその分保険料は高くなりますし、加入する時の審査も厳しくなります。既にガンの既往歴があったり、脳に外傷を負ったことがある人の加入はまず無理だと思った方がいいでしょう。
 
 

八大疾病特約付団体信用生命保険

 
死亡と高度障害だけでなく、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病と高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎といった5つの生活習慣病で所定の状態になった場合にも住宅ローンが免除される保険です
 
もちろん保険料はさらに高くなって審査も厳しくなるのですが、比較的発症確率の高い高血圧や糖尿病までカバーされているのは大変魅力的です。高血圧や糖尿病は遺伝するとも言われているので、そういう家系の人は加入を検討した方がいいかもしれません。
 
 
 

団体信用生命保険に加入する際の注意点

 

種類を選べないことがある

 
団体信用生命保険への加入を義務付けている住宅ローンでは、団体信用生命保険付きのものも多くあります。「付き」というのはどういうことかというと、銀行が提携している保険会社の団体信用生命保険に入らなければならないということです。銀行と提携しているので保険料はやや割高なのですが、そういう場合は保険料が既に金利に含まれていることが多いです。
 
 

健康状態が悪いと入れない

 
団体信用生命保険は生命保険なので加入する際に健康状態を申告する必要があります。そこで三大疾病と呼ばれるガン・脳卒中・心疾患や糖尿病・高血圧症などの生活習慣病を患っていると審査が通らず加入出来ません※。すると団信への加入が義務となっている住宅ローンの審査には通りません。
 
※あくまで一般論です。基準は生命保険会社によりますし、審査官にもよるので一概には言えません。
 
では、健康状態が悪いと住宅ローンを組めないのかというとそんなこともありません。数は限られますが団信の加入義務が無い住宅ローンもあります。例えばフラット35がそうです。
 
フラット35で住宅ローンを組み、審査基準の緩い生命保険を探して、万が一の時には遺族がローンと同額の補償を受けられるようにすれば、団信に加入しているのと同じことになります(ただし、審査基準の緩い生命保険は保険料が高めです)。
 
 

全てのリスクをカバーできるわけではない

 
団信に入れば全てのリスクをカバーできると思う人がいますが、決してそういうわけではありません。
 
例えば怪我をして片腕のみ麻痺で動かなくなっても、それだけでは高度障害に認定されないので住宅ローンは免除されません。片腕が動かないと現在の仕事を続けられなくなってしまう人が大勢いるはずですが、そういう人は障害を負って仕事を失っても住宅ローンを返し続けなければならないのです。
 
このような事態を避けたいなら就業不能保険に加入するという選択肢もあります。これは後ほどご紹介します。

 
 

団体信用生命保険に加入しない選択肢もある

 
住宅ローンを組む人は必ず入るべき団体信用生命保険ですが、フラット35のように加入が義務付けられていない住宅ローンもあります。その場合、別の選択肢も視野に入れることができます


若くて健康なら一般生保の方がお得

 
若くて健康な方なら割引き率の大きい一般の生命保険の方が保険料は安く済みます。ただ注意が必要なのは保険金の設定です。
 
団体信用生命保険は住宅ローンを一括返済してくれるので、4000万円のローンなら支払われる保険金も常に4000万円だと思うかもしれませんが、それは違います。住宅ローンは毎月返済をしていくので、毎月ローン残高が減っていくからです。そして一括返済してくれるのはローンの残債のみです。つまり団体信用生命保険で補償される保険金はローン残高と同額であり、毎月階段状に減っていくのです
 
この為、一般の生命保険を同じ土俵で比べるなら、その保険金も階段状に減っていく設定にすべきなのです(そうしないと団信よりもずっと高くなってしまいます)。
 
 

就業不能保険という選択肢

 
団体信用生命保険以外で同じような保険をお探しなら、就業不能保険に入るという選択肢もあります。就業不能保険も生命保険の一種で病気や怪我で所定の状態になり働けなくなった場合に予め設定した金額が補償されます。保険金の受け取り方も一括で受け取れる方法毎月一定額が給料のように受け取れる方法があり、自由に決めることができます。
 
団体信用生命保険が死亡や高度障害状態になった時しか補償されないのに対し、就業不能保険は怪我や病気で働けなくなったら大抵の場合補償してくれます。
 
もちろん死亡した場合も補償されるので、その場合は団信で住宅ローンをチャラにして、就業不能保険で遺族の生活を支えることもできます。カバーされる範囲が広いのでその分保険料は高いですが毎月支払われる方法なら、ご主人に万が一のことがあっても給料をずっと受け取れるような感覚で補償されるのでオススメです。
 
僕も、わずか月10万円ほどの補償ですがいちおう加入しています。家族のいる人にはオススメの保険です。


以上、もしもの時に住宅ローンが免除!団体信用生命保険の種類と注意点でした。



次の記事はこちら

住宅ローンのまとめ記事はこちら

 

関連記事